HOME > 次彦雑感 > 2008年3月21日

次彦雑感

2008年3月21日

 皆様こんにちは。
 昨年5月に仙台市議会議長に就任してから、間もなく1年になろうとしています。次から次へと初めての繰り返し、慣れる間もなく月日が過ぎましたが、反面、とても充実した1年だったというのが正直な実感です。
 昨年の第2回市議会定例会から、この3月14日に終了しました第1回市議会定例会まで、ちょうど1サイクル4回の議会が開催されました。この間、特にケヤキの伐採・移植、家庭ごみの有料化などについて活発な議論が重ねられ、一方、政務調査費や議員の海外出張については制度を見直し、経費の節減、透明性の確保を図るなど、議長として円滑な議会運営と議会改革に精一杯努めているところです。
 また、市議会代表として数々の行事や会合に出席し、多くの勉強をさせていただいております。このことは一議員として大変ありがたいことであり、仙台市の発展、地域住民の福祉向上のための今後の取り組みに十分活かしてまいりたいと思っております。

<< 次彦雑感トップ

▲ページの先頭へ